第143回日本薬理学会関東部会YIA選考結果

本日、同部会のYIAが以下のお2人に授与されることが決定しました。


心・血管演題―― 18題中1位

演題番号:A-8 
氏名:清水 聡史 先生
所属:静岡県立大学大学院薬学研究院分子病態学分野 
演題タイトル:GATA-binding protein 4は二量体を形成することで心筋細胞肥大反応の転写活性化をする


心・血管以外の演題―― 17題中1位

演題番号:D-1
氏名:中野 利沙子 先生
所属:東京大学大学院薬学系研究科薬品作用
演題タイトル:神経系におけるオーキシン誘導性タンパク質高速分解系の構築



おめでとうございます。両演題とも非常に優れた演題で、プレゼンテーションも明解でした。両先生には、近日賞状とささやかな記念品をお送りします。
また下記に得点分布を示しますが、ほぼすべての方が60点以上で他の演者も健闘されたと思います。
先生方の今後のご発展を祈念いたします。

第143回日本薬理学会関東部会 部会長 山田 充彦

コメントは受け付けていません。