協賛募集のご案内

「第143回日本薬理学会関東部会」開催ご協力のお願い

謹啓 時下,皆様におかれましては,益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて,この度 2020年10月24日(土)に「第143回日本薬理学会関東部会」を,オンラインで開催させていただくこととなりました。
 薬理学とは,薬と生体の相互作用,薬の化学特性・臨床応用・乱用,創薬などを総合的に研究する学術分野です。あらゆる医療に薬が必要であることからも明らかなように,科学的手法に基づき薬を研究する薬理学は極めて重要であります。薬は生体内で,蛋白質や核酸などの「薬物受容体」と物理的に結合し主作用を発揮します。しかし薬は時には薬物受容体以外の物質にも結合し,副作用を生じます。主作用と副作用のバランスは,薬の体内動態によっても影響を受けます。薬理学では,これらを分子・細胞・組織・臓器・個体の異なる階層で分析的に解析し,それらを統合して,より有効で安全な薬の使用法を探索します。また発展著しい遺伝学,蛋白質構造化学,幹細胞生物学,システムズバイオロジー,AIなどの新しい科学技術を貪欲に取り込みながら,これまで有効な治療薬の無かった疾病に対する創薬を図ることも,薬理学の大きな使命です。
 公益社団法人日本薬理学会は,この使命を完遂するために,国内外の多様な研究者のネットワークを形成し,薬理学の発展を推進することを使命としております。日本薬理学会には4つの部会(北部会,関東部会,近畿部会,西南部会)が存在しますが,特に首都圏を含む関東部会には多くの大学,研究所,医療機関,企業,官公庁が所属し,約1,700名の会員を誇ります。関東部会は,毎年春と秋に開催され,多くの参加者が集い,薬理学の発展と若手研究者育成を図っております。今回の第143回日本薬理学会関東部会では,特に創薬の困難な「慢性疼痛治療薬」と「小児疾患治療薬」に焦点を当てたシンポジウムを企画しております。また例年通り幅広い領域からの一般演題約50題を募集し,またその中にYoung Investigator Awardを設け,優れた若手研究者を育成することを計画しております。
 「所要経費概算」に示しますように,本部会の開催に当たり,収入として参加者からの参加登録費,演題登録費,日本薬理学会からの交付金が見込まれます。しかし,本部会開催の総費用は,節減してもそれらを上回ることが予測され,運営費の不足が予想される次第であります。つきましては本部会開催の趣意と公益性に,何卒御賛同と御理解をいただき,薬理学の更なる発展のため,協賛を賜りたくお願い申し上げます。また,同時に「プログラム(印刷冊子体:約300部発行予定)と抄録集(PDF)の広告」も受け付けておりますので,あわせて御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げます。
 末筆ながら,皆様の益々のご発展をお祈り申し上げます。

謹 白  
2020年8月吉日

第143回日本薬理学会関東部会 部会長
山田 充彦
( 信州大学医学部 分子薬理学教室 教授)


お申し込み方法はこちらをご覧ください。>

コメントは受け付けていません。